TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ねこ未分類 > いざ、直島へ。猫とアート。

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

この記事の写真を大きなサイズ(原寸)で全部見る。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

いざ、直島へ。猫とアート。

2011.05.29(16:07)
直島。水路で一枚。 photo:11.05.03

GWでの岩国、宮島、広島市内、呉と、いきあたりばったり2日間の旅行日程を終わらせて、 予定では、これで関西に戻ることになっていたのですが、 もう一日どっか寄って帰る?っていう、これまたいきあたりばったりで旅行延長。 候補の尾道・鞘の裏を蹴って、直島へ。


私の思考回路としては、「直島」→「島」→「猫いっぱい」→「行くっ!」。
これではただの頭のゆるい奴なので、まじめにちゃんと説明すると--。

現代アートが点在する瀬戸内の島々、「ART SETOUCHI」。その発祥であり中心が直島です。

芸術の展示方法としてこのプロジェクト自体の風変わりさと、住民を巻き込んでの町おこし的側面が注目され、 何度かニュースの特集に取り上げられていましたので、 直島ときいてピンとこなくても、「あぁ、あれね。」と思われた方は多いと思います。

岡山県宇野港で、車をTimesにおいて一時間に1船しかないフェリーに乗船すること15分~20分。そこはもう香川県。

開催当初は混乱もあったようですが、役場の方や芸術館のプロジェクトの方、関係者の方の、人捌きの手際の良さに感心しきりでした。 到着フェリーのたびにどどっと押しかける人々。それぞれ目的地も異なる迷える子羊を、各バスに誘導。 時には人数の配分で、バスのサイズを交換して振り分ける。GWなのにキビキビ働いていらっしゃって、なんかすんません。

日帰りで全てをまわるのは難しそうなので、地中美術館→本村エリア→ベネッセーアートサイトの外展示→宮之浦エリアをまわってきました。 現代アートはわからん。わからんけれども、そんな私でも楽しめました。

直島、海沿いの道で、ねこさん。 photo:11.05.03 直島。何かに興味をもったのか、近ずく。 photo:11.05.03
直島、にゃんこ。ごろにゃ~ん。 photo:11.05.03 直島、板塀の猫絵。 photo:11.05.03

ウォルター・デ・マリアには、心が動く何かがありました。地中美術館の2000円は展示数の割りに高いと思ったけど、充分な価値あり。 ジェームズ・タレルさん、うちにはあなたの作品がさっぱりわからんちん。モネの展示もおもしろかったです。 各人にゆっくり観賞できる時間は確保されているのですけれど、特にウォルター・デ・マリアの作品は、数時間のレベルで眺めていたかったです。

ツツジ荘の浜辺でやけに低い鳥居。次のバスを待ちながら遊ぶ。

直島ツツジ荘で瀬戸の海と鳥居とお地蔵さん。 photo:11.05.03 直島ツツジ荘近くの鳥居。正座して丁度くらいの低さ。 photo:11.05.03

楽しみだったお家プロジェクト。 いろいろみてまわってたどり着いた自分の結論としては、やっぱり私はシンプルが一番すき。 爆発的芸術は、どうにもこうにも、口をあんぐりさせるしかないです。アートからもっとも遠い人間なのが私。 自分の感覚には合わなさそうと思っていた角屋が、意外にも興味深かったです。 そして、タレルさん、わけわからんとおもったら、やっぱりあなたでしたか。

アート作品の写真撮影は、スナップはOKの箇所も多いのですが、ネット上への掲載は著作権の都合駄目なので、 興味のある方は「直島」で検索すると公式サイトなどで確認いただけます。
こういう写真はありやなしや。

直島本村地区。家プロジェクトはいしゃ近く。 photo:11.05.03 直島本村地区。家プロジェクト南寺前の公園で。 photo:11.05.03

南寺の近くの古民家カフェ、「NAKA-OKU(中奥)」お勧め。コーヒーもオムライスもおいしかったし、空間も良かったです。 ここだけメインエリアから離れてるので、定休日や混雑している場合は他のカフェ探しに移動するのが面倒。あぁ、写真がない;

直島には、焼杉の民家が立ち並んでいます。観光地が生活の中にある環境は大変なはずなのに、 目隠しやシャットアウトするのではなく、見せる庭作りをされていたりと、とても気持ちのいい町なみです。 笑顔で観光客を迎えてくれる島の人々、迎えようとする人たちの心遣いを感じる家構えに出会うたび、 この素敵な景観を、観光する側の我々が壊さないように注意と敬意を払うべきだなと思わされました。

直島。焼杉の家。 photo:11.05.03 直島。玄関から覗く中庭。とてもきれいなお庭です。 photo:11.05.03

玄関先で猫が日向ぼっこ!かわいぃね~、とこちらが近づくと、むくっと起き上がって、足元までやってきました。撫でろや~と強要。なんたるデレ。

直島民家。玄関で休んでたのにこちらの姿をみつけてわざわざ近寄って来てくれた三毛猫。 photo:11.05.03 直島で三毛猫。撫でろ~と命令しに来た飼い猫、まずは頭。 photo:11.05.03
直島で三毛猫。撫でろ~と命令しに来た飼い猫。背中からお尻。 photo:11.05.03 直島で三毛猫。撫でろ~と命令しに来た飼い猫。頭もっと~、だそうです。 photo:11.05.03

猫が居そうな細い道、と思って覗いてみると、やっぱり居てる。

直島。路地で赤茶と黒こげの猫。 photo:11.05.03 飼い主さんといっしょに玄関から出てきて、そのままお散歩にお出かけしにいったみーちゃん。 photo:11.05.03

なんともなしに歩くすぐ斜め上にハタと目をやると、塀で猫がうつらうつらしている。 そんなわけでついつい、いろんなところで猫を探してしまう。

直島。焼き杉の板塀と同化して寝るにゃんこ。 photo:11.05.03 直島。塀の上で寝るにゃんこ。 photo:11.05.03

猫カフェ発見!時間の都合入れなかったけれども。 お店の関係者さんには外観の撮影とネットのアップの許可いただいたので、ペタペタ。
「島内にデレ猫が沢山いてるのに、なぜにここに猫カフェ」、と思ったり、「外壁、どうしてこうなった!!」 とか、いろいろクエッションマークが飛びまくりでした。

とはいえ、昼食やデザートなど小洒落たメニューもあるし、「カフェ」として立ち寄るのにも良さそうでしたよ。 外壁のカラフルさも、普通の町中にあったらびっくりですが、なんでもありなアートの島なので、突拍子もないわけではない不思議。そんなわけで、旅行計画に「猫カフェにゃお島」さん、要チェックですよ。
窓際にゃんこに誘惑されつつも(←なんだかんだ言って戦略に負けつつある。)本村エリア散策に戻る。

直島で猫カフェ「にゃお島」。 photo:11.05.03 直島で猫カフェ「にゃお島」外観。 photo:11.05.03

素敵な日本の庭に、猫が横たわって日向ぼっこ。

直島。とても素敵な中庭で、寝ていたにゃんこ、ずんずんこちらにやってきました。 photo:11.05.03 直島。なでろや~、とスリスリする猫。 photo:11.05.03 直島。撫でられ中にゃんこ。 photo:11.05.03

写真の腕のない私でも、いい絵にできる、と思ってカメラを向けたら、この子もやっぱり起き上がって近づいて撫でろ要求。


駐車上で猫発見、とおもってたら、後ろの塀にも猫が。そしてさらに散歩中の猫。縄張り対抗もなさそうなので、姉妹なのかな。

直島。カメラ目線ばっちりの猫。 photo:11.05.03 直島。駐車場で日向ぼっこ中の猫、豊かな表情ありがとう。 photo:11.05.03
直島。駐車場の対角の家の塀で猫。 photo:11.05.03 直島。駐車場の対角の家の塀で猫、別アングルで。 photo:11.05.03

ひとしきり挨拶をして、それぞれまた、散っていきました。

直島。駐車場と、通りにいた猫。 photo:11.05.03 直島。3匹の猫、合流。 photo:11.05.03
直島。3匹の猫、挨拶をしてるのかな。 photo:11.05.03 直島。3匹の猫、ひとしきり挨拶をして、それぞれまたわが道をいく。 photo:11.05.03

猫の島、直島。趣きのある町並みで出会った猫たちでした。

  

この記事の写真を大きなサイズ(原寸)で全部見る。
tag : [猫写真, ]
ねこ未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
いろんな | | 岩国の猫、宮島の鹿


◆新着・関連記事
Loading...(Javascript)

[PR]
エコキッチンさんのランキングベスト3にはいるシリコンカップカバー。 猫ぱんちさんでみてすっごい気になってました。お値段も、手ごろ。

【シリコンカバー】MOM Kitchen(マムキッチン) シリコン製カップカバー

雑貨屋さんが好きなので、ここのサイトは楽しい。 私の勘所をよく知っていらっしゃる(違)欲しいのいっぱい出てくる。 料理しないくせにキッチン用品欲しい~。プレゼントにも最適な商品がいっぱいです。
[エコキッチン]


いろんな | | 岩国の猫、宮島の鹿
プロフィール
双葉そら

Author:双葉そら

ひとつきに一度は猫かふぇに行かなければ、猫欠乏症及びもっふもふ禁断症状に陥ります。

猫カフェにいる人々をみてるのも楽しかったりします。

普段はSE関連のお仕事。
WEBやデザイン系は苦手です。
配色って何?おいしいの?

本サイトにて、癒しと、猫カフェの認知&"布教"の一端を担えれば最高です。

肉球礼賛 ビバ肉球


カテゴリ
最近の記事
猫喫茶
ねこかふぇリンク。

*猫カフェ情報猫カフェ一覧(自内)


肉球 マウスパッド 【ねこきゅう マウスパッド】 [マウスパッド にくきゅう 猫 ネコ]肉球 マウスパッド
 ぷにっぷにっ!

*猫カフェブログ(自内)


当サイトへのリンクはご自由に。
「猫とカフェオレ、ときどき仕事」バナー

お気に入り

*猫カフェブログ(自内)
店舗ブログではなく、一般の人の猫カフェブログを集めてみました。

*ネコキャバではない。
東京の猫カフェ【ねこのみせ】ブログ。店内の徒然にとどまらず、開店の原点エピソードや、経営者視点からの猫カフェ動向の感想だったり読み応えあり。(→移転前)

*関西 猫 カフェめぐりの日々
→更新終了。いままで素敵な写真で楽しませてくださりありがとうございました!!
主に関西圏猫カフェのにゃんこ写真が盛りだくさん。 やさしい表情のにゃんこから、アクロバティックな姿まで生き生きした写真は必見。

*赤ソマ狂の詩
旧題「coco壱!」。飼い猫coco(ソマリ)ちゃんのブログ。ブリーダさんの頃から見てるので 個人的に愛着が強いのですが、ソマリ好きさんも是非。
赤ソマ狂の詩バナー

*這いつくばって猫に近づけ
猫写真家、荻窪氏が書く猫の撮影といろんなデジカメのレビュー。

*【実録】隠れ?ヲタギャルの日常【4コマ】
イラストレータさんの4コマブログ。わからないネタもあるかもしれませんが、 猫漫画は秀逸。
「08冬コミ参加おめでとうございます」 ←この意味が分かる人なら猫ネタ以外でも全部面白いとおもいます。
【実録】隠れ?ヲタギャルの日常【4コマ】バナー

*ミシュニャン
タイトルは、レストランガイドミシュランをもじったもの。世界をまたにかけた猫探訪録。

*猫の肉球が素材-ダ・ジ・ポン
猫モチーフのフリー素材。めっさかわいくて、全部散りばめたい衝動に駆られます。

[tag cloud]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。